開業物語 第5回 美容室アンドゥドゥ


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

リード・クリエーション > 開店ストーリー > 開業物語 第5回 美容室アンドゥドゥ

開店ストーリー

開業物語 第5回 美容室アンドゥドゥ

 

オーナーの林さん

 shop date

 

店 名 / 美容室 アンドゥドゥ
住 所 / 福岡市博多区吉塚5-1-5
T E L  / 092-629-2500
定休日 / 月曜・第3火曜
営業時間/10:00~19:00
坪 数 / 50坪(1・2F)
席 数 / セット 10台
シャンプー  6台

 

 

サービス業への目覚め

 「コーヒー飲みたいなぁ・・・」
夕食のあと家族揃ってTVを見ている親父がひと言。夢中になって「8時だよ全員集合」を見ていた私のアンテナにピピッときます。
「もう、しょうがないなぁ、コーヒー飲みたい人誰?」全員の手が上ります。出来立てのコーヒーをお盆に載せ、リビングのテーブルに・・・すると「ヒロタカ の淹れてくれたコーヒーは美味しいね」「ほんとコーヒー淹れるの上手だね」楽しみにしていた加藤茶のコントを見れなかったのも忘れ、私は満足げに家族の顔 を見渡した。このときの満足感を得たいために、20年後独立するなどとは夢にも思わなかった、小学校4年生のある晩の出来事でした。

 

18歳でラーメン屋開店!

 

月日は流れ18歳の春。
大学受験に失敗した私は、親に言われるがまま中華料理屋の門を叩いていました。もとはといえば地方公務員でもある親父がどうしても商売をしてみたいが、仕事を辞めるわけにもいかず、受験に失敗した息子を使い、自分の夢を叶えようとした末の結論でした。
大学に落ち浪人しようと思っていた私は、中華料理店の見習いとして、とりあえずスープの仕込みと中華鍋の振り方を覚えると、たった3ヶ月の修行でラーメン屋を開店してしまったのでした。

 

 

 

 

ラーメン屋にピリオド!

 

そんな調子で親父の実家、長野県飯田市にオープンしたラーメン屋。開店当時1年くらいは、そこそこお客さんも来て、調子に乗ってフェアレディZの新車を購 入!しかし、所詮は素人商売、徐々に売上げは落ち込みはじめる、そこでスープだけではなく麺も自家製麺に変えたりと売上げを上げるための試行錯誤の日々が 続く。しかし、いくら頑張ってもダメなものはダメでした。開店から5年、ラーメン屋は閉店する事になりました。

 

 

フリーター生活で学んだ「おもてなし」

 

ラーメン屋を失敗し、東京に戻ってきた私は、とりあえずアルバイトを始めました。派遣で紹介してもらって始めたホテルのレストランでのウエイターの仕事、ウエ イターというと、トレイに水を載せて出し、注文を聞いて料理を出すだけだと思っていたんですが、これが大間違い、甘かった!
メニューはなんと全て中国語、そしてドリンクや料理の出し方の細部にわたるサービスの基本、当然フロアに立っているときは私語は一切禁止!神経を張り詰めっぱなしの毎日でした。
しかしそんな日々の働きを買われ、ホテルのバーのマネージャーに誘われ、なんと憧れのバーテンダーデビューを果たすのでした。この時期、ホテルでの様々な仕事で「サービス」や「おもてなし」というものの形を勉強できました。

 

 

 

東京を離れ、いざ博多へ

しかし、この仕事とも別れのときが・・・25歳にして定職を持たない息子を心配している親を見て「ココにいてはいけない、一旦東京を離れよう」と決めた私 は、博多に行き再びラーメン屋の修行をすることに決めました。親戚の手を借りて、なんとかラーメン屋に就職することが決まった私は、吉塚にアパートを借り ました。

 

 

 

運命の出会い・・・・!

 

布団と洗濯機だけを持ち込み、なんとか住める環境を確保し、初出社の前、気持ちを新たに髪を切ろうと、バス通りに出て美容室を探しました。当時通り沿いに あったのはY美容室さんと、赤いタイル張りの美容室・・・。迷った挙句、私が入って行ったのは赤いタイル張りの、そう現在の”アンドゥドゥ”(旧フロアマ マ吉塚店)だったのです!その選択がその後の、私の人生を大きく変える運命の選択だったとは、当時の私は考えもしませんでした・・・。お店に入りイスに腰 掛け、「今日はどうなさいますか~」と声をかけてられ、当時カットし
たかパーマかけたかは、全然覚えていないのですが、ものすごく鮮明に覚えているのが、
話をしながら「博多に来て始めて口を利いた、あかの他人がこの人か~、これでこの人と結
婚とかしたらTVドラマみたいだな~」と妄想したことなのです。
そして話はTVドラマのように展開していったのでした。

 

 

28歳美容人生のはじまり

 

それから数年後、結婚、そして子供も生まれ、当時ラーメン屋を辞め、ホテルのレストランの責任者として働いていた私は、「このままでいいのか?」と自問自答 する日々に終止符を打つべく、フロアママの門を叩くことになりました。28歳のいい大人の私が、「自分の店を持つ!」と決意をし、美容人生をスタートさせ たのですが、18歳で10歳年下の先輩美容師達にあごで使われながらの修行は、今でこそ言えますが、結構厳しいものでした・・・。

 

 

 

美容室アンドゥドゥのスタート

 

それから3年の見習いを経て、フロアママ本社社長からチャンスを頂き、お店の権利を譲り受け、自分の城「アンドゥドゥ」としてスタートすることができました。
九州に来て大勢の方との出会い、その全ての方に支えられ励まされながら、どうにかこうにかココまでくることができました。
これからは、自分の夢を追い続けるのはもちろん、今の私を支えてくれるスタッフや、お客様の夢を叶えるお手伝いが出来るよう、力の限り頑張っていきたいと思います。

 

 

 
勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ