3月号


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

リード・クリエーション > ニュースレター > 2015年 > 3月号

2015年

2015年

3月号

~ネーミングマジック!~呼び名を工夫して大ブレイク!

どうしたらアメリカの人に受け入れてもらえるか、と必死に考えたヒミさん。
そして、メニュー名を『HAKATA Spicy caviar(博多スパイシーキャビア)』に変えました(笑)。 その途端に、飛ぶように売れるようになったそうです!
こうして、その日からお店は、よく冷えたシャンパンと『スパイシーキャビア』を楽しむ人々で溢れるようになったのでした。 アメリカ人の“食わず嫌い”を言葉で直したヒミ・オカジマさん、さすがです。このお店はNYミッシュラン5年連続受賞の快挙を成し遂げている大人気店です。

 

多くのお客さんのお目当てはというと……なんと豚足。しかし、マンハッタンと言えば、豚肉を食べないユダヤ系住民が多い街。
そんな立地にありながら、一体どうやって豚足の店を繁盛店にしたのでしょう?
実は僕はメニュー名をあえて『TONSOKU』と訳さずに書いていました。
アメリカ人のお客さんは必ず、「TONSOKUって、何?」と聞いてきます。           
そこで僕は、「フランス人がこよなく愛する料理、ピエ・ド・コションです」と答えました。すると当然、「それはどんな料理か」と聞かれる。その時に初めて、「Pig’s Feet(ピッグズ・フィート/豚の足)です」と種明かしするんです。
そうすると、「うーん、フランス人に人気なら食べてみようか」となる(笑)。
もし最初から、メニューにPig’s Feetと書いてしまっていたら、気持ち悪がられてブームにはならなかったと思うのです。噂の料理TONSOKUを食べてみたいという人が集まりはじめ、客が客を呼び、あっという間に、予約2週間待ちの状態になったのだとか!先日テレビを見ていたら、以前あるパーティーでお会いした福岡出身のレストランオーナー:ヒミ・オカジマさんが出ていた。N.Yマンハッタンで経営する博多料理店「HAKATA TONTON」で、博多名物の辛子明太子『Cod roe(タラの卵)』を出したところ、気持ち悪いと酷評されたそうです。

 8AA57A78

 

≫MOLOの続きを読む

 

 

勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ