店舗デザイン-店舗内装工事・設計〜Q&A


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

リード・クリエーション > ブログ > 独立・開業・お店づくり Q&A > 店舗デザイン-店舗内装工事・設計〜Q&A

ブログ

店舗デザイン-店舗内装工事・設計〜Q&A

独立開業を決意して事業計画など計画段階を経て、店舗物件を探し始めたり、店舗のデザインや店舗内装工事・設計を依頼する段階で、いよいよ本格的に計画が動き出します。

 

しかし、初めて出店される方は特に、「店舗づくり」なんて初めてのことだから「知らないこと」ばかり。

しかも、店舗デザイン・店舗内装工事・設計に携わる会社とは、恐らく多くの独立開業希望者が、デザイン業界や内装工事業界に知り合いや友人がいない限り、今までに出会ったことがない人たちだと思います。

 

 

そんな「店舗づくり」の専門家として、私たちのような店舗デザイン・店舗内装工事・設計会社があります。

 

そこで、もう少し私たちのことを知ってもらうために、店舗デザインや店舗内装工事・設計に絞ったQ&Aをつくってみました。

 

独立開業でこれから店舗の出店・開業を考えている方や、店舗改装をお考えの方、2店舗め〜3店舗めの開業をお考えの方、店舗デザイン・店舗内装工事・設計会社や事務所を探したり、検討している方などなど、以下のQ&Aを参考にしてみてください!

 

 

 

Q:美容室を開業する予定です。店舗デザイン・店舗内装設計の観点から、独立・開業で失敗しないために留意すべきポイントはありますか?

A:

美容室の場合、お店の規模や大きさでセット面や器材など設置するものが概ね限定されてくるので、レイアウトデザイン等は比較的スムーズに決まります。

 

美容室の開業で留意する点として店舗デザインや店舗内装設計の観点からですと、やはりお店のデザインや雰囲気がポイントになりますね。

 

まずは「こんな雰囲気の内装デザインにしたい!」「こんなカラーで統一したい」などという具体的イメージをもっていただくことが重要です。

 

その上で、想像した店舗イメージを店舗デザイナーや設計者に全てお話しして頂きたいと思います。

(店舗デザイナーや設計者に伝えそびれて、お店が出来上がったあとで、「あ〜こんなはずじゃなかった!」となることが、お互いにとってよくありませんので…)

 

 

お店のデザインは、お店が狙うお客様の層によって変わります。

 

「どんなお客様に来店してほしいか」、「年齢層」、「雰囲気」、「得意なスタイル・ジャンル」などなど、ご自分が「目指すお店」によって決まりますね。

 

 

そして、もうひとつ。

当たり前のことですが、本当のスタートはお店がオープンしてからです。

 

開業後、お店は仕事場となり長い時間を過ごすことになります。

お店のイメージは、お時間の許す限り、自分にとっての「居心地の良い空間」を自問自答しながら、より具体的にイメージすることが大切です。

 

想像された具体的イメージを店舗デザイナーや設計者にお伝えください。

 

 

イメージは「具体化」されたものに越した事はありませんが、それが「まだぼんやり」であっても、店舗デザイナーや設計者のような専門家にお話しいただくことで、より明確に、具体化しますのでご安心を!

 

 

 

Q:アパレル・物販のお店の出店を予定しています。立地を考えるうえで重要なポイントはありますか?

A:

ターゲットはどんな年齢層でしょうか?

男性でしょうか?

女性でしょうか?

 

ターゲットが明確であれば、そのターゲットがアクセスしやすい場所に出店することが基本になります。

当然、多くの人が集まる都心や駅周辺などは、立地として最高ですが、その分家賃が高額です。

 

 

もしも個人事業でスタートアップされる時におすすめしたいのは、なるべく都心部を避け、家賃などの固定費が比較的安価で済む立地が好ましいのではないかと思います。

 

最近では、ネット環境、ホームページやSNSなどの「情報発信ツール」が充実しており、多くの人々が郊外や地方のお店に興味・関心をもたれています。

 

都心部や駅周辺などの「立地の優越性」が必ずしも重要だとは言い切れない時代だと感じています。

 

 

 

 

Q:デザインを依頼する際に大手デザイン会社と個人デザイン事務所ではそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

A:

大手設計会社の特徴は大手企業がクライアントと言ったところが多いかと思います。

 

また、スタッフ従業員の数も多く在籍していて固定費もかかる為か、設計料・デザイン料が高額設定の会社が目立つように思います。

 

人数も多い分、一つのプロジェクトに複数人数が携わり、分担作業となる事が多いので作業はスピーディではありますが、社内の関所も多いので、決済までに時間を要す事も少なくない様に感じます。

 

 

一方、個人事務所はそう言った面ではフットワークが軽い感じがします。

 

設計料・デザイン料も大手設計会社と比較して割安になるかと思います。

 

 

これは、私の経験から思うことなのですが、店舗開業の際に、店舗デザイン・店舗内装設計に携わると、店舗が出来上がって「お引き渡し」をしたら「はい、終わり」、という訳ではありません。

 

お店がオープン後、少なくとも3ヶ月、6ヶ月、1年とお店の「点検」がありますし、その都度設備等のメンテナンスも必要です。

 

 

お店を経営・運営される場合、店舗デザイン・店舗内装設計会社との付き合いは、意外と長くなるものなのです。

 

 

ですから、出来るだけ「長〜い」お付き合いができる会社を選ぶ、というのも店舗デザイン・店舗内装設計会社の選択肢の一つかもしれません。

 

 

とくに個人事業で個店の開業、スタートアップ開業される方などは、個人自営の設計士や地元に密着した比較的小さな店舗デザイン・設計事務所へご相談される方が良いのではないかと個人的には思います。

 

 

 

 

Q:店舗デザイン・店舗内装工事・設計をする上で、最重要視していることは何?

A:

施主の想いをカタチにして、施主が「来店して欲しい」と思うお客様が「このお店に入ってみたい」と思うデザインを行う事です。

 

そして、施主自身が24時間そこにいたい!と思えるくらいに愛してやまない空間を提供していく事を目指しています。

 

 

施主が、店舗の空間自体を愛してくれると掃除やメンテナンスなども一生懸命されるでしょうから、お店が長く保たれる事につながっていくと思います。

 

我々も、愛される空間づくりを「我が子を送り出すつもり」で、愛情込めてつくるよう取り組んでいます。

 

 

 

Q:店舗デザイン・店舗内装工事・設計をする上で、自社スタッフに求める「考え方」や「ポリシー」はありますか?

A:

施主の想い(商品・サービスに対する想い、事業に対する想い、お店に対する想いなど)を全て聞き出し、聞き出した想いを「整理してあげる」作業が第一です。

 

施主と一緒に施主の頭の中を整理する作業は、施主自身が気づいていなかった部分に気づく事ができ、「何の為に開業するのか!」という開業の目的意識が明確になります。

 

施主の想いが整理され目的意識が明確になると、デザイン制作や設計側も「何をどんな風に進めていくべきか」が具体的になります。

 

ですので弊社ではまず、施主からよくよく話しを聞き出し、「施主の想いを整理する」ことを、自社スタッフに求めています。

 

 

施主の目的意識に気付いたり、施主の想いやイメージがより具体的になるよう、弊社独自の勉強会等で学んでいます。

 

 

 

Q:withコロナ・アフターコロナの観点から、店舗デザイン・店舗内装設計に関して、工夫している事はありますか?

A:

最近は、メーカー様の企業努力で抗菌性の高い商材などが増えてきていますので、ご予算に応じてその様な商品を提案したり、使うなど意識して取り組んでいます。

 

また、よくあるお話ですが飲食店では可能な限りにはなりますが、座席と座席の間隔を広くとる設計にしたりしています。(オーナー様の希望を考慮して、また、売上の採算ベースのラインに届く様な事も考慮して設計しています)

 

 

 

 

Q:店舗デザイン・店舗内装の設計施工を一括で依頼する場合、設計と施工を分割して他社に依頼する場合と比較して、どのようなメリットがありますか?

A:

店舗設計のみの会社ですと、当然施工工事は別会社になりますので、設計会社は専門的関知から施工前に図面をしっかりと書いて、図面上で「これで大丈夫かどうか」の検証をしてくれます。

 

工事に関しても、施工会社が「設計図通り」に間違いなく施工しているかのチェックを行ってくれます。

 

契約的には、施主様は、設計会社と施工会社の少なくとも2社と契約を結ぶ必要が出てきます。

 

 

それに対し、店舗デザイン・設計施工をワンストップで受ける設計施工会社は、その会社にご要望をお伝えいただければ打合せは施主様としてはそこで終わります。

 

後は、ワンストップで受ける設計施工会社が責任を持って、全てを取り計らってくれますので、時間が短縮できるメリットが挙げられると思います。

 

また、開業後、店舗設備のメンテナンスや店舗内装で問題が発生した場合、設計施工会社に伝えることで店舗に関することは設備面も含めて全て対応してくれます。

 

 

そういった観点から、設計会社と施工会社を分けて発注した時よりも、ワンストップで受ける設計施工で依頼された方が責任の所在が明らかですので安心です。

 

 

 

Q:設計で依頼する場合、設計施工で依頼する場合と比較して、どのようなメリットがありますか?

A:

工事自体は金額の安い工務店の方にして欲しい!などで、でもその会社がデザインは苦手。

などと言った場合にはその業種が得意な設計者にお願いすると役割分担ができスムーズに流れる事も多いかと思います。

 

 

 

 

Q:飲食店厨房の「オープンキッチン」仕様は、どのような点に注意すればよいでしょうか?

A:

飲食店厨房の「オープンキッチン」は、飲食店開業・運営者の皆さん憧れるスタイルですね。

 

その名の通りオープンですので、そこで調理する姿がお客様から見れて、それ自体がパフォーマンスになり、ショーとなり、来店されたお客様にお食事と共に楽しんでいただけます。

 

 

現在飲食業をされていて、特に厨房に入られている方はお分かりと思いますが、「オープンキッチン」ですから、お客様から厨房が「丸見え」という事になります。

 

ですので、常に清潔感を保っていく事を考慮しておかないといけませんね。

 

スタッフの意識も「衛生的に綺麗に保つ」という、良い方向に意識を持っていく事もできます。

 

 

オープンキッチンの場合、厨房と客席の間に間仕切がなく、空間がつながっている状態なので、空調設備が通常の店舗よりも馬力の高いもので設計する必要があるなど、快適に営業していただくための設備を提案しています。

 

 

 

Q:物販スペースを併設した飲食店のように、業種を複合した店舗を出店する場合のメリットやデメリットにはどのような点がありますか?また、成功している例があれば教えてください。

A:

飲食店に物販コーナーを併設したり、また、施術がメインの美容室に店販品の販売をする事は、そのお店の売上がアップする事ですので、とても良い事と考えます。

 

また、商品を売る事はお客様にその商品を使って頂き、満足頂ければリピーターに繋がりますし、ファンになってくれる事も考えられますね。

 

売る商品のアイテムが「売れ筋商品」なのか、ずっと陳列していても全く「売れない商品」を、置いていくのかなどは、都度検討が必要だと思います。

 

全体の売上に対する物販品の割合により、売り場面積を決めていくなど考慮してプランニングしていきますので、設計の段階でこんな商品をこれくらい置きたいなどを、店舗デザイナー・設計者にお伝え頂けると、店舗をオープンした時に理想の空間となっていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ