月も鐘の音も舞台の一部


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

リード・クリエーション > ブログ > LEADブログ > 月も鐘の音も舞台の一部

LEADブログ

LEADブログ

月も鐘の音も舞台の一部

2011/03/29

奈良の旅はアタクシにとって
初めて訪れた町でしたが、
つくづく感動の旅やったよねぇ~
って、ココロがじ~んとくる
でも・・・そもそも何で奈良だったの?って
聞かれます。だって・・・

 

紅葉も始まってない
特別拝観もない
日頃は非公開の正倉院の宝が見れる
正倉院展も25日からだし・・(惜しい!!)
修学旅行生のお子チャマ達のザワメキの中
ナゼユエ

実は・・・
アタクシのお友達に
歌舞伎好きがおりまして、
これは見逃せないから是非にって
誘ってくれたんです。(ありがたいッ
アタクシは、歌舞伎は博多座でみることはあっても
中々他県まで出て行くことがありません。
しか~~し・・
今回のこの演目っていうか
東大寺で奉納歌舞伎・・しかも縁の深い《勧進帳》
これは滅多にみれないのよぉ~~っということです。

 

東大寺奉納歌舞伎 勧進帳チケット

 

 

 

 

 

 

 

 

義経を庇いながら奥州に逃げる弁慶と
関守の富樫とのやり取りが味わい深いお話なのです。
奉納ってことは、大仏様の前で踊るわけですが
これも凄いこと・・・歌舞伎では、お初!なんじゃないかな?

いやぁ~~本当に素晴しかったッッ
勧進帳が始まる前に
僧侶14名(だったと思うけど・・)
によるありがた~いお経が
朗々と響き渡りました。(うっとり
親子の競演だったのですが
富樫(染五郎)
弁慶(幸四郎)の息も合った掛け合いや
どこからが響く鐘の音
煌々と冴える月と黒い山並み
深々と静かで凍える客席
静かなお顔の大仏様
時代がさかのぼったような
今は何時代?と勘違いしてしまうような
夢のような一夜でした。
観客動員、5千人。
皆一様に興奮してました。
5千人も居た中で、帰り道
知り合いを発見
これにもビックリ
大仏様が会わせてくれたのかなぁ~

これが、今回の旅の目的なのです・・
まだまだ旅は続きます。

(M)

 

勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ