セミナーリポート|第21回店舗繁盛支援セミナー


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

リード・クリエーション > ブログ > 繁盛する店舗デザインと開業サポート > セミナーリポート|第21回店舗繁盛支援セミナー

ブログ

セミナーリポート|第21回店舗繁盛支援セミナー

2018年5月21日、キャナルシティビジネスセンタービルUSEN会議室で開催された「店舗繁盛支援セミナー」。独立開業を目指す未来の経営者に向けた今回のセミナーには、超人気店の美容室オーナーが登壇。満員御礼の盛況だった。

 

第1部「繁盛仕掛け人が伝える、失敗しない店舗経営術」

 DSC_3289

 

第1部は、有限会社リード・クリエーションの取締役会長でもある福泉会長による講義、「繁盛仕掛け人が伝える、失敗しない店舗経営術」。2014年まで社長として率いてきた店舗設計事務所での経験や、実際に成功している店舗の事例をもとに、実践すべき行動など、具体的な内容が紹介された。

 

DSC_8392

 

例えば開業を目指し、準備を始める人たちにとって「名刺」一つにも工夫して自分をアピールすることが大切という話。仮にあなたが「博多に美容室を開きたい」と考えていたとして、現在福岡市には“2,981”店の美容室と“1,024”店の理容室が存在し、毎年300店が新規に出店、200店が閉店という実情がある。これを受けてどう戦うか。企業が広告に膨大な資金を投じ、「人の印象に残す」ことに必死であることを考えれば、顔を見て手渡しできる名刺がどれだけ重要かということだ。

 

こういった“抑えるべきポイント”を中心に、自信を救ってくれたという「ランチェスター経営」もまじえて解説された。「サービス、腕には自信があるから大丈夫」というだけで十分な準備もないまま出店し、失敗した事例を数多く見てきたと話す福泉会長が強く繰り返したのは、「素直、謙虚、向上心」を忘れないこと。その三つを持って学び、実践した人こそ強い経営者になることができる。

 

DSC_3316

 

若い世代に向けたスタートアップ系セミナーは福岡にも数多く存在する。まだまだ未熟である私(35歳)が思うことは、もちろん若さや勢いも大事だが、経験豊富な世代から学び、新しい時代に沿って戦略や行動計画を立て、実践していくという「温故知新」のスタンスが大事ではないだろうか。20代でも起業を志す人が増えてきた中で、立ち上げの期間「やるべきことはやった」実感を持つことや、開店してから実践できる販促の「引き出し」が幾つもあるということは、大きな後押しになるだろうし自信にもつながる。

 

DSC_3318

 今回の講義の「実践バージョン」は、少人数制の勉強会「店舗開業塾」として随時参加者を受付中。「今は会社員」という人に合わせてスケジュールも調整してもらえるので、興味のある方はぜひ参加してみて欲しい。

 

第2部「月間1,200人集客法」中嶋氏登壇。

DSC_3350

 

今回のゲストスピーカーは、福岡県嘉麻市の美容室「アンカー」のオーナー、中嶋公治さん。若くして「地域の10人に1人がお客様」という超人気美容室を作り上げた経営者の話ということもあって、事前申込の時点で定員に達していた。中嶋さんの講義で特に印象的だったのは「人への投資」と「時間」の話だった。

 

 

「人への投資」は惜しまない。

中嶋さんがこの場で話してくれた「投資」とは、いかに社員に楽しく仕事をしてもらい、尚且つ売上を伸ばしていくか。そのために人に対して「注ぐもの」だ。この投資の中身の大部分は「愛情」や「思いやり」でもある。

 

中嶋さん「忙しい時間帯にお客様に出したコーヒーのコップが流しに沢山溜まって、それを社員が何分もかけて洗っているのに気づいて、カフェで使用している使い捨てのカップに変えました。削減できた時間は自分のために使って欲しい。そういうことはいつも考えてます」

 

自分も含めて社員の使う「時間」に対しては特に気を配っていた。週単位での会議でも、必ず各店舗の様子を把握できるようにしていると言う。

 

DSC_3424

 

中島さん「店舗のことを熟知している幹部と週に一回必ず集まるようにしてます。現場の改善点を考えるのは当たり前のことですけど、やっぱり社員の様子が一番気になります。例えば新入社員が今何に取り組んでて、こういう成長があったとか。社員一人ひとりが楽しく、成長しながら仕事ができているか、そういう部分ですね」

 

WEB上でのカットの予約についても、電話の場合はスタッフが時間を使って予約を取らなければならないが、ネット予約だとそれが無い。こういう細かな部分というのは、分かっているようで気づけていないことが多かったりする。そこにいつも敏感でいられるのは、中嶋さんが社員に掛ける愛情が大きいからだと感じた。「大事にされてる」「見てくれてる」「認められてる」という実感を全員が持ち、モチベーションに繋がる“熱量”を備えた美容師集団と考えたら、それは強いはずだ。

 

DSC_3386

 

DSC_3445

 

DSC_3436

 

 

「人柄」と「行動力」の経営者

今回初めて参加したF.H.Sのセミナー。第1部に登壇した福泉会長の話と重なり、中嶋さんは「素直、謙虚、向上心」を持った愛情溢れる熱い経営者であり、彼の美容室で働いてる社員のみなさんに「会ってみたい」とも思った。思いやりと行動力で、沢山の仲間の信頼を集める若き経営者のこれからがとても楽しみだ。

 

DSC_3295

 

 

次回、秋のセミナーは、NEW YORKで大人気の博多料理店「HAKATA TONTON」の「ヒミ・オカジマ」氏が登壇。世界屈指の激戦区で活躍する飲食店経営者から学ぶ。

 

※開催日程は福岡繁盛支援協会ホームページ、当ホームページにて近日発表いたします。

 

 

勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ