荒井マモルの店舗繁盛ブログ


MENU
有限会社リード・クリエーション
有限会社リード・クリエーション 電話092-522-3330 交通アクセス お問い合わせ

ホーム > ブログ > 荒井マモルの店舗繁盛ブログ

荒井マモルの店舗繁盛ブログ

荒井マモルの店舗繁盛ブログ

【自己紹介】

 

こんにちは。

有限会社リード・クリエーション2代目代表の 荒井マモル と申します。

 

 

 

今更ではありますが、これからお店づくりに関する情報やオフショットなどブログを発信してまいりますのでお時間のある方は時々覗いて頂けると嬉しい限りです。

 

 

 

まずは、私の自己紹介からスタートしたいと思います。

 

1970年1月、北九州小倉北区に誕生

 

 

 

2015年11月より創業者である福泉 礼二の後任として代表取締役に就任いたしました。

1996年より店舗設計・施工と開業サポートを生業として20年以上の時を過ごさせて頂いています。

 

 

 

志ある個人オーナー様へ店舗づくりを通じて永年続く繁盛店づくりのお手伝いできればと思っております。

 

 

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

【 開業準備の仕方はどうする!? 01 】

 

現在どちらかのお店などで働かれていて、今後(まだいつかは決めていないけど)「開業したい!自分のお店を持ちたい!」とお思いの方は今この時点だからこそ必読です。

 

 

現在お勤めということはそこで学ぶべきことが沢山ありますので、そこからスタートしましょう。

 

 

 

 

□ 大切なのは未来予想図

 

 

・どんなお店を作りたいか!

 

・どんなお客様に来て頂きたいか!

 

・真の目的は何か!

 

 

 

 

など何の為にお店を開業するのかなど、目的意識(大義名分)がはっきりあると強いお店になる確率がグンッと上がります。

 

 

ただ単に「儲かりたいからやる」その金銭欲も運営する上でとても大事なことではありますが、お客様は自分にメリットがあるからお店を利用のであって、店主様に儲けてほしいからそのお店に行くのではないということですね。

 

 

その考えではお客様の目線から見ると『店主が儲かりたいからお金をもってこい』と映ってしまいます。

 

 

やはりそうではなく、当社の商品やサービスを利用することによりあなたの思いを実現するお手伝いができます!といったことをお伝えするべきですよね。

 

 

この商品(サービス)であなたの心を満たすために当店が存在する!といったことが前面に出せると良いですね。

 

 

その上で、お客様とお店(スタッフ含め)が繁盛するシナリオを描き強く思うことで夢を実現することが急速に近づいてくることでしょう。

【 開業準備の仕方はどうする!? 02 】

 

 

□ 開業準備ノートを作ろう!

 

 

 前回の話で思い描いた夢をもっと近づけるにはまず、ノートの準備をしましょう。

 

 

そのノートにどんな些細なことも書き留めておきますすると忘れがちな事もノートを見返すと思い出して準備できることがよくあります。

 

 

例えば、飲食店を開業したいという場合を例に挙げてみましょう。

今まだどこかの飲食店で働いているならば、そのお店のありとあらゆるモノをノートに書き留めておきましょう。

 

 

 

・現在の客席数

 

・お箸やお皿の数

 

・必要な調理器具

 

・メニュー構成

 

・ユニフォーム

 

・電話やFAX

 

・インターネット環境

 

・ゴミ箱

 

・洗剤やメンテナンスの仕方

 

・お釣りのこと

などなど。。。

 

 

 

目に入った情報や思いつくことなどを事細かく拾い出すことをオススメします。

 

 

そして、その拾い出した情報に対してどのくらい費用がかかるかを概算で構いませんので計算しておくと良いでしょう。

【 開業準備の仕方はどうする!? 03 】

 

□ 今、自分にできることは何でしょう?

 

 

 

「近い将来独立開業する!」とは社内では中々言えない方がほとんどだと思います。

でも一人で悩んでいても中々進まないし、誰かに相談したいと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

インターネットで検索した情報だけで納得していませんか?それだけではとても勿体ないことをしています。

是非それを行った後に人に会って生の声の情報収集をして頂きたいとも思います。

 

 

「詳しい人に話を聞いてほしい!」と思ったらやはり行動するべきですよね。

身近にいるすでに独立した先輩や信用のおける方などが良いでしょう。

 

 

 

 

 

やはりすでに開業された方の多くは大なり小なり苦労されているはずですので、苦労話をしたがる方も多いのかなと思います。そこで

 

 

自分は大丈夫だからそこまで真剣に自分に置き換えなくても・・・」

 

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

ですがその後、大半の人が開業して苦労をしていますので

 

 

「あの時のあの人の話が今になって理解できた」

 

「あの人の話をもっと聞いておけばよかった」

 

 

という方も少なくありません。

そうならない為に真摯に受け止めておいて損はないのです。

 

 

 

 

 

親身なって話を聞いてくれて適切なアドバイスをしてくれる人を《メンター》と言います。

メンターに相談できればかなり強い味方となってくれます。

 

 

しかし相談する人が中々見つからず困っている方は当社にご相談頂ければとことんお話を聞くことができますので是非ご利用ください。(相談無料ですし)

 

TEL 092-522-3330 もしくは arai@misezukuri.com まで連絡お願い致します。

【 開業準備の仕方はどうする!? 04 】

 

 

□ 開業にかかる費用はどのくらい?

 

 

開業するのにどれくらい費用が必要か?

業種業態やテナント物件を借りて開業する場合、広さ(㎡/坪数)「居抜き」か「スケルトン」かで大きくかかる費用が変わってきます。

 

 

 

 

《 テナント(13坪)を借りて美容室を開業する場合 》

 (シャンプー台×2台、セット面×4面) 〔スケルトン〕

 

 

 

<物件取得費>

 

 家賃        (10,000円/坪) 130,000

 敷金               1,300,000

 仲介手数料            130,000

 前家賃              130,000

 ——————————————————————

 計               1,690,000

 

 

 

<店舗工事費>

 

 内外装工事費          3,500,000

 設備工事            2,500,000

 美容機材、ボイラー          1,500,000

 (カット椅子×4、シャンプー台×2)

——————————————————————

 計               7,500,000

 

 

 

<その他>

 

 店舗企画設計料          400,000

 グラフィックデザイン料      100,000

 広告宣伝費            300,000

 店舗備品             200,000

 運転資金             1,000,000

——————————————————————-

 計               2,000,000

 

 

 合計金額           11,190,000円

 

 

 

 

 

《 テナント(13坪)を借りて飲食店(居酒屋)を開業する場合 》

 (居酒屋23席) 〔スケルトン〕

 

 

 

<物件取得費>

 

 家賃       (10,000円/坪) 130,000

 敷金                1,300,000

 仲介手数料             130,000

 前家賃               130,000

——————————————————————–

 計                 1,690,000

 

 

 

<店舗工事費>

 

 内外装工事費            4,000,000

 設備工事費             3,000,000

 (電気、給排水、空調、換気、ガス)

 厨房器具              1,500,000

——————————————————————–

 計                 8,500,000

 

 

 

<その他>

 

 店舗企画設計費           500,000

 グラフィックデザイン費       100,000

 広告宣伝費             100,000

 厨房備品              500,000

 店舗備品              200,000

 運転資金(仕入れの3ヶ月分)     1,000,000

——————————————————————-

 計                 2,400,000

 

 

 合計金額              12,590,000円

 

 

 

 

 

 

上記金額はあくまでも目安の金額ですので、参考程度にしておいてください。

実際にはその物件の状況で内容が変わってきますのその時に信頼のおける各専門会社へ見積もりを取る様にしてください。

【 開業準備の仕方はどうする!? 05 】

 

 

□資金の調達方法は??

 

 

前回に述べた目安の工事費が安いと思われるか高いと思われるのかはその人その人の状況で変わってきますが、何にしても費用は掛かってきますのでその費用を準備しないと開業(経営)の道は遠いですね。

準備をする方法としていくつか手段はあるかと思います。

 

 

 

(CASE1) すべて自己資金で開業する

 

 

 

満額自己資金で開業できると返済のことを気にすることがないので気持ちの上で随分楽ですね。

それができれば本当に理想的と思います、しかし残念ながらその様な割合はかなり少ないですね。

 

 

やはり〇百万円~〇千万円かけて開業されますのでリスクも高いです。

 

 

事業で使うお金と生活費は当然別物ですから仮に自己資金があっても生活費にかかるお金は十分確保しつつ、余裕のあるお金を開業資金に当てることをお勧めします。

 

 

余裕のあるお金で足りない場合は迷うことなく融資を受けることをお勧めします。

また、自分自身で準備できるお金が心もとなく、身内から援助してもらうケースもかなり多いですね。

その場合も自己資金とみなされます。

 

 

注意点ですが、自分のお金でもタンス預金はNGです。

通帳に入っていないといくら自宅の金庫に大金があったとしてもみなされる査定額は0円ということになりますので十分注意してください。

 

 

また、いきなりまとまった金額が通帳にドーン!と入金があったとしても見せ金と判断されるケースもあり、毎月コツコツと少額貯めている人の方が、金融機関には信用がつきますので当然融資が受けやすくなりますのでそういったところにも注意して頂きたいと思います。

 

 

 

 

(CASE2) 自己資金を元に融資を受ける

 

 

 

融資は、主に“日本政策金融公庫”や“銀行”から融資を受けるのが一般的です。

 

 

日本政策金融公庫の場合は自己資金の(最大)10倍まで融資可能ですが、当然審査は必要ですし、このケースは極めて稀ですので一般には期待しない方が良いです。融資をお願いする場合当然書類の提出を求められます。

 

 

 

<求められる書類>

 

 

〇開業計画書(創業の動機・経営者の略歴・取り扱い商品・サービス・開業に必

 要な資金計画書・収支計画書など)

 

〇身分証明書

 

〇印鑑証明

 

〇納税証明書

 

〇源泉徴収票

 

〇賃貸契約書

 

〇既存借入返済明細書

 

〇物件資料

 

〇店舗平面図

 

〇内装工事等見積書

 

〇備品見積書

 

〇※保証人関係書類(状況による)

 

などなど。。。

 

 

 

そういった書類を揃えて提出して何事もなく審査が通れば晴れて融資の実行となりますが、注意点としては昨今大半の方が携帯電話などを持っておられると思いますが携帯電話等の引き落としなどが1円でも延滞(滞納)があると審査に引っかかったりします。

 

 

実際にたまたま引き落とし口座の残額が足らずたった1ヶ月引き落としができなかったことが理由で融資ができなかったケースもあります。

そういうところもお金を貸す側の金融機関は見るという事ですので、十分注意されてください。

 

 

直接金融機関に行って交渉できる方は良いですが、ここでも一つアドバイス。

面談で色々なことを聞かれますので、馬鹿正直に答えると返ってマイナスの印象を与えることもあります。

 

 

その際は融資希望額より減額された金額を提示されることも少なくありません。

そうなると何にいくら使うといった計画をまた見直すこととなりますのでその辺も考えておきましょう。

 

 

 

 

(CASE3) 資金調達会社に相談する

 

 

 

よくある他の相談窓口は資金調達の民間会社があります。

直接金融機関に相談に行くと色々と書類作成など時間をたくさん使うことが予想されます。

 

 

資金調達の会社に相談するメリットとしては、本人の代わりに各金融機関とオーナー様に有利に働く様に資金調達の代行をしてもらえます。

(金融機関と最終面談はあります)

 

 

計画書などは自身で立てる必要がありますが、適切なアドバイスも受けられ書類作成のお手伝いもお願いできるので、“時間”ができるという事です。

 

 

お金のプロに相談できるのは開業した後も大きな後ろ盾の役割にもなります。

もちろん成功報酬などは発生しますが、その金額と時間を比べてみるとお願いするメリットは十分あります。

空いた時間で、今後の計画をじっくりと立てたり制作物の準備に当てたり様々ですね。

【 開業準備の仕方はどうする!? 06 】

 

 

□ 開業にかかる費用はどのくらい?

 

 

開業するのにどれくらい費用が必要か?

業種業態やテナント物件を借りて開業する場合、広さ(㎡/坪数)「居抜き」か「スケルトン」かで大きくかかる費用が変わってきます。

 

 

同じ坪数や同じ業種でも内部の仕上げ材料の違いなどでも数字に大きく開きが生じます。

しかし、何も検討がつかないとも思いますので、過去の実例を上げておきましょう。

 

 

 

 

 

        (CASE1)

 

 

・6坪(19.8㎡)スケルトンで美容室を開業した場合

 

 

1、仮設工事              104,000

 

2、解体工事                   63,000

 

3、木工造作工事               942,000

 

4、内装仕上工事               265,000

 

5、塗装工事               127.000

 

6、硝子工事               197,000

 

7、家具工事                 55,000

 

8、テント・サイン工事          251,500

 

9、電気設備工事             479,120

 

10、給排水衛生設備工事           331,000

 

11、空調換気設備工事            181,700

 

12、設計費                 200,000

 

13、会社諸経費               300,000

 

————————————————————————

 

小計金額(税別)           3,496,320-

 

消費税(8%)               279,705-

 

合計金額(税込)            ¥3,776,025-

 

 

<※美容機材一式、ミラー・椅子一式、電話工事一式は別途>

 

 

 

 

 

        (CASE2)

 

 

・19坪(62.7㎡)スケルトン(天井・壁有)で美容室を開業した場合

 

 

1、仮設工事               188,000

 

2、解体撤去工事               90,000

 

3、左官工事                 55,000

 

4、軽鉄工事                 64,000

 

5、木工造作工事                788,000

 

6、金物工事               118,000

 

7、内装仕上工事               35,000

 

8、塗装工事                  454,000

 

9、硝子工事                 21,000

 

10、サイン工事               135,400

 

11、電気設備工事              946,000

 

12、給排水衛生設備工事           786,980

 

13、空調換気設備工事            179,300

 

14、設計費                 350,000

 

15、会社諸経費               500,000

 

————————————————————————

 

小計金額(税別)                                    4,710,680-

 

消費税(8%)                                            376,854-

 

合計金額(税込)                                  ¥5,087,534-

 

 

 

 

 

        (CASE3)

 

 

・12.3坪(40.7㎡)スケルトンで焼鳥屋を開業した場合

 

 

1、仮設工事                                                 163,000

 

2、左官工事                                                 478,500

 

3、軽鉄工事                                                 258,300

 

4、木工造作工事                                          740,460

 

5、金物工事                                                 352,000

 

6、内装仕上工事                                          150,120

 

7、塗装工事                                                 626,310

 

8、硝子工事                                                 203,400

 

9、家具工事                                                 455,500

 

10、サイン工事                                              35,500

 

11、電気設備工事                                     1,282,280

 

12、給排水衛生設備工事                          1,181,400

 

13、空調設備工事                                              別途

 

14、給換気設備工事                                          別途

 

15、設計費                                                   300,000

 

16、会社諸経費                                            650,000

 

————————————————————————

 

小計金額(税別)                                    6,876,770-

 

消費税(8%)                                             550,141-

 

合計金額(税込)                                  ¥7,426,911-

 

 

<※空調給換気工事はリース、BGM工事、厨房器具一式、電話工事一式、備品一式は別途>

 

 

 

        (CASE4)

 

 

・17.1坪(56.6㎡)元BARの居抜きで新しくBARを開業した場合

 

 

1、仮設工事                                                 187,000

 

2、大工工事                                                 541,100

 

3、木製建具工事                                            80,000

 

4、家具工事                                                 660,800

 

5、鋼製建具工事                                          265,000

 

6、電気設備工事                                          394,800

 

7、照明器具                                                 411,200

 

8、給排水設備工事                                      195,000

 

9、表装・塗装工事                                      342,980

 

10、換気設備工事                                          47,000

 

11、サイン工事                                            125,000

 

12、設計費                                                   400,000

 

13、会社諸経費                                            300,000

 

————————————————————————

 

小計金額(税別)                                    3,859,780-

 

消費税(8%)                                             308,782-

 

合計金額(税込)                                  ¥4,168,562-

 

 

<※厨房器具一式、電話工事一式、備品一式は別途>

 

 

 

 

 

上記に挙げたものはあくまでも目安です。

参考にとどめておいてください。

 

 

例に挙げた様に書く物件において様々な条件で金額は異なってきますのでまず物件の候補が決まればその物件でいくら位かかりそうなのかを信頼のおける専門業者の方へ見積もりをとってください。

 

 

その際の注意点としては、“やりたいこと”や“思い”などすべての情報をお伝えしてください。

そのお話を元にこういう家具や設備などが必要だろう。

といったことを想定しプランを行い、そのプランに対して見積りを行います。

 

 

伝えていないとお店が出来上がった後に、「これがない!」などといったことが生じると、後から予期せぬ追加のお金が出ていくといったことにもなりかねません。

 

 

ですので、店舗慣れしている信頼のおける内装業者を選択することが重要になっていきます。

 

勉強会のご案内
アドバイザー秘書のブログ
お問い合わせ 無料レポート お問い合わせ